JLCT

JLCTとは Japanese Language Capability Test の事です

本テストは原則として日本語を母国語としない人を対象とするもので言語コミュニケ  ーション能力を測ります。
レベルは5段階に分かれています。即ち JCT1、JCT2、JCT3、JCT4、JCT5の5つのレベルです。 それぞれの段階で

  1. 言語知識(文字、語彙、文法)
  2. 読解
  3. 聴解

の三つに分けて日本語能力を測るものです。
これらに加えてJCT介護3及びJCT介護4があります。

一般社団法人外国人日本語能力検定機構(JLCT)の運営母体は一般社団法人日本漢字習熟度検定協会
(理事長 田中正徳)です。
同協会は2012年8月8日発足し、以後6年間にわたり予備校、学習塾を主体とし全国約250ヵ所で年3回漢字習熟度検定を実施して参っております。
これまでの受験者総数は優に10万人を超え、さらに優秀な専門家集団を抱えています。また試験の実施実務を担当する優秀な人材も揃っています。
本検定試験の監修は以下の先生方に依頼しています。

・国立国語研究所名誉顧問 米田 正人

・山口大学名誉教授 靏岡 昭夫

・国立国語研究所准教授・文学博士 高田智和

一般社団法人外国人日本語能力検定機構(JLCT)も上記協会の専門家集団をベースとして外国人日本語能力検定を実施しつつあります