JLCT

よくあるQ&A

Q1 試験は何回実施されますか?

A1 年4回(3月、6月、9月、12月 原則第一日曜日)

2018年3月18日(日)2018年6月3日(日)2018年9月2日(日)2018年12月16日(日)
2019年1月27日(日〉
2019年より年6回1・3・5・7・9・11月の奇数月を予定しています

Q2 試験の実施ヵ所は何ヵ所、何ヵ国になりますか?

A2 19ヶ国で行っています。実施ヵ所の数は国によって異なります。

Q3 試験日の日程は?

A3 次回は2018年12月16日(日)です。

Q4 試験問題の著作権の所有者は?

A4 一般社団法人 外国人日本語能力検定機構です。

Q5 JLPTとJLCTテストとレベルは各等級ごとに同レベルと考えてよいですか?

A5 はい。そうです。
国際交流基金発行の「新しい日本語能力試験」ガイドブックに記載の「日本語能力試験」認定の目安にそって「読む」「書く」「聞く」ごとにN1~N5とJCT1~JCT5が同レベルになるよう国立国語研究所の専門家の厳密な監修を経て出題しております。
法務省入国管理局よりJCT5級がビザ発給対象として認定されました。

Q6 試験問題は当日試験後、持ち帰ることが出来ますか?

A6 いいえ、出来ません。

Q7 試験には作文試験や会話試験がありますか?

A7 いいえ、ありません。

Q8 合格するための基準はどのようなものですか?

A8 合格するためには総合点と各科目ごとの基準点の両方をクリアすることが必要です。

Q9 介護に関する試験は無いのですか?

A9 介護はJCT4、JCT3を開発中です。近く発表する予定です。

Q10 現在の試験回数の変更はありますか?

A10 近い将来、年6回の試験実施を考えており準備中です。

Q11 JLPTとJLCTは同じレベルですか?

A11 はいそうです。法務省のホームページの"日本語教育機関へ入学するため日本語能力について"の項目にも記載されています。